金属アレルギーについて

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは金属と体の接触によって発症する各種アレルギー症状のことです。このサイトでは、歯科材料、特に歯科金属によるアレルギーについて言及しています。

金属アレルギーの症状

歯科治療によって金属アレルギー症状が出てくるのは、口腔内だけとは限りません。その症状は多岐にわたり、アトピー性皮膚炎など、金属が直接触れていない部位に発症することもあります。

顔・口腔内に起こる症状

口内炎、歯肉炎、口唇炎、舌炎、口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん:口腔粘膜における慢性の角化異常を伴う病変のひとつ)など

全身の症状

アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、扁平苔癬、皮膚そう痒症、ステロイド皮膚症、脱毛症、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう:手のひら・足の裏、あるいはその近辺にできる小さな水疱)など

歯科治療後に口腔内に発症した場合は、そのときに用いられた歯科金属との関連性が深く疑われます。
しかし、症状が出たからといってそれだけが原因とは限りません。まずは症状を正しく把握すること。そして、パッチテストなどのしっかりとした検査を行って原因を突き止めることが治療への第一歩といえるでしょう。

  • 小臼歯・大臼歯の金属の交換
  • 前歯、小臼歯の金属の交換
  • 入れ歯の金属の交換
  • アマルガムの除去について
  • 金属アレルギーについて
  • メタルフリー治療について
  • アキュラデンタルクリニック 医院紹介