詰め物の金属交換

詰め物とは

虫歯の治療では、虫歯に冒された部分を削り取る必要がありますが、その削った箇所を補うために用いるのが詰め物(インレー)です。軽度の虫歯の治療に使用します。
金属の詰め物の場合、熱伝導の関係で熱いものや冷たいものを食べたときに歯が“しみる”感覚を覚えることがあります。また、金属の詰め物は劣化しやすい傾向もあります。口を開けたときの歯の金属色が気になったり、以前に入れた金属の詰め物が取れてしまったりしたときなど、素材の交換を検討されてはいかがでしょうか。
当院では、詰め物の素材として被せ物と同様に「セラミック」「ジルコニア」「ハイブリッドセラミック」を用いています。審美性・精度ともにご満足いただける治療を、ご予算やご希望に沿った形でご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

セラミック

「セラミック」の色合いは天然歯とよく似ているため、詰め物として自然な仕上がりが期待できます。口を開けたときも自然の歯とほとんど見分けがつきません。

特徴
  • 透明感があり、天然歯の自然な色合いを再現できる
  • 唾液が吸収されないため口臭の心配がない
  • 変色しない

ジルコニア

金属とほぼ同じ硬さと強度があります。ただ、特有のパール色であるため、ほかの歯の色との違いが気になることがあります。

特徴
  • 人体に対する安全性(生体親和性)が高い
  • 強度と耐久性が高い
  • ジルコニア特有のパール色が目立つ

ハイブリッドセラミック

「ハイブリッドセラミック」はジルコニアほどの硬さがないため、噛み合う側の歯にダメージを与えるようなことがありません。また、保険が適用されるため、費用が安いこともメリットです。ただし、硬さがない分長期の使用ですり減っていく可能性があります。また、変色することもあります。

特徴
  • 保険適用のため費用が安い
  • 噛み合う歯へのダメージなど影響が小さい
  • 材質的にはレジンに近く、100%セラミックではない
  • 経年変化で変色やすり減りが起こる
  • 小臼歯・大臼歯の金属の交換
  • 前歯、小臼歯の金属の交換
  • 入れ歯の金属の交換
  • アマルガムの除去について
  • 金属アレルギーについて
  • メタルフリー治療について
  • アキュラデンタルクリニック 医院紹介